ローゼンタール

ローゼンタール スタジオライン アートのある暮らし

1961年、フィリップ・ローゼンタール2世が 「いつまでも真の価値を持ち続け、時代の感覚に合っているものこそ本物」 という理念のもと、時代を代表する芸術家やデザイナーとコラボレートした作品を発表するという革新的なコンセプトで "ローゼンタール スタジオライン" を創設しました。
サルバトール・ダリ、バウハウスの初代校長であるヴァルター・グロピウス、"口紅から機関車まで"デザインしたレイモンド・ローウィ、北欧デザインの巨匠ティモ・サルパネヴァ、タピオ・ヴィルカラ、ビョルン・ヴィンブラッドなど、世界の名だたるアーティストとのコラボレーションによる作品を続々と発表し、新しい価値観を生み出しました。また、近年では人気デザイナー、ジャスパー・モリソンやパトリシア・ウルキオラも加わりました。

お取扱商品リスト(PDF 約2.9MB)

ページトップへ
Copyright© IMGS co., ltd. All Rights Reserved.